日本長期旅行 でも安く旅ができる?旅で節約できるのは実はこれだった

日本長期旅行 でも安く旅ができる?旅で節約できるのは実はこれだった

posted in: CURIOUS, 旅情報 | 0

海外ではバックパックを背負っている旅人をよく見かけます。
そして今や海外旅行ブームなのか、テレビでは海外を特集した番組が盛りだくさん。
文化の違いや見る景色に驚き、「行ってみたい!」という気持ちにさせてくれますよね。
しかし、まだまだ見落としてはいけない日本の魅力。
日本にはまだまだ、まだまーだ魅力がたくさんあって、同じ日本なのにカルチャーショックを受けることもあります。
日本にももちろん、バイクや自転車で日本一周をされているツワモノがたくさんいます。
しかし今回はナマケモノの私が車で行く 日本長期旅行 をできるだけ安くできる方法をご紹介します。
長期旅行というと莫大な旅費がかかると思われがちですが、長期旅行だからこそ節約できるところもいっぱい。
節約できるところはがっつり節約して旅を楽しみましょう!

 


行きたい場所を選ぶ

私は車でこれまで行ったことがなかった九州を2週間で周る旅をしました。
東北出身の私からすれば九州は未知の土地。
九州と東北は大自然で温泉があるっていうところは似ているけれど、きっと全然違うんだろうな〜、気温ももっと暖かいよな〜という漠然としたイメージでした。
そして私は未知の土地に惹かれ、大好きな自然がもりもりありそうな九州に興味が湧き九州一周を計画したのでした。九州ドライブ

私は九州を選びましたが、好きな場所の好みは人それぞれ。
旅に行きたいけどどこがおすすめなのー?と行く場所困ったらインターネットで少し調べてみて下さい。きっと自分好みの場所がきっと見つかるはずです。
自分が好きな伝統工芸をしている町だったり、自分が好きな食べものの発祥の土地だったり、きっかけは何でもいいと思います。

旅の目的地に悩んだら・・・

それでも見つからない人は、思い切って日本全国ダーツの旅をやってみるのもおすすめ!
私自身、東南アジアに行くとは決めたものの行く国がなかなか決まらなかったので東南アジアに絞ってダーツの旅をしたことがあります(ちなみに行き先はラオス!)。
友達の前でダーツの旅をすると盛り上がりますし、旅の結果も楽しみにしてくれますよ。

 

予算を決める

忘れてはならない旅の予算
東南アジアなどに比べて日本は物価が高いので、旅の間ずっと外食したり旅館に宿泊だとものすごい予算になってしまいます。
主にかかるお金はレンタカー代、ガソリン代、宿泊費、食費です。
レンタカー代に関しては車種にもよりますが長期で借りると安くなったり、時期によって値段が安い時があります。
私は2週間借りて保険料込みで35,000円ほどでした。

旅で節約できるもの、それは!

旅で節約できるもの、それは皆さんもお分かり「宿泊費」「食費」です。
この2つで旅の予算が決まると言っても過言ではありませんが、同じく「旅の質」も決まります。
あまり節約しすぎても楽しくないので、節約できるところはする、贅沢する時はするというようにメリハリをつけることをおすすめします。
宿泊費と食費の節約の方法はこれからご紹介していきます。

 

日本の旅で節約をする方法−宿泊費

まず、宿泊費についてです。
九州に行った時はすっごく素敵な旅館がたくさんあって「泊まりたい!」という欲求に駆られましたが、毎日泊まったらとんでもない金額になってしまうため次回の数泊のご褒美旅行にとっておいて今回は節約を極めました。
安い宿泊費で済ませたいという方はユースホステルやゲストハウスがおすすめです。

ユースホステル中にはキッチンを使用できるところもあるので、自炊して食費を浮かすこともできます。
色んな国の人と交流したり、情報を交換し合うには抜群の場所です。(ただし、シーズンによっては人が全然いないことも・・・)

ユースホステルとは?

ユースホステルとは、ドイツが発祥の世界に4,000か所以上ある宿泊施設です。
私は学生時代に一人旅でユースホステルをよく利用していたということもあり今でも旅した時は利用しています。
ユースホステル会員になると一般の人よりも少し安めに泊まれます。
海外のユースホステルも利用しましたが、私は日本のユースホステルが大好きです。日本のユースホステルはペアレント(施設管理者)の人柄がユースホステルにすごく出るので建物の雰囲気、食事、置いてあるもの、とにかくすべてが違います。
そしてどこも温かい感じがするんです。
昔に比べて全国的にお客さんは減っているようですが、いつまでもまた旅した時に訪れられる「家」であってほしいなーと思います。

もっともっと節約したい人には道の駅

そして、もっともっと節約したいという方には、道の駅がおすすめです。
道の駅は日本全国の道路沿いにあって、美味しい地元の野菜やご飯が食べれて、しかも車中泊が可能という素晴らしい場所なのです。
そして道の駅によっては温泉があったり、地元ならではの楽しいイベントをやってたりするのでインターネットの情報を頼りに道の駅巡りをしてみてもいいかも。
ただし、場所によっては宿泊を禁止しているところもあるので注意が必要です。
私は温泉付きの道の駅には行かなかったものの、九州には安く入れる(100円で入れる所も!)温泉がたくさんあったので入浴に関しては全く困りませんでした。

人とのつながり+節約

旅する土地で、現地の人と交流してみたい!現地の人の家に住んでみたい!という方はカウチサーフィン(Couch Surfing)エアービーアンドビー(Airbnb)がおすすめです。
それぞれに違いがあるので説明していきます。
まずカウチサーフィンについてですが、簡単に言うと無料で現地の人の家に泊まることができるというものです。
泊めさせてくれる理由は主に「色々な人と交流ができて楽しいから」という人が多いのではないかなと思います。
なのでただ単に「無料で泊まれるから」という理由で利用するのは辞めた方がいいでしょう。
利用するにはカウチサーフィンに登録し、自分のプロフィールを作成します。
そして自分が行く旅先に泊めてくれそうな人がいれば連絡を取り合って承認されれば訪問するというシステムです。
海外では多くの受け入れ先がありますが日本ではまだあまり主流ではないのが現状です。
知らない人を家に泊めさせることへの抵抗はやはり日本人の国民性ですね。
次にエアーアンドビーですが、現地の人の家に有料で泊まることができるというものです。
こちらは有料というところが一番の違いですが他のシステムはほぼ一緒です。
カウチサーフィンは無料で宿泊できるため個室ではなかったりしますが、エアーエーアンドビーは有料なので個室が多く、一軒家をまるごと借りられたりもできます。
自分の家に空いている部屋があったりする人が登録するようですが、日本人にはそのオープンな考えがあまりなく抵抗を感じる人も多いと思います。
しかし、中にはホテルの様なところもあったり面白い家もあるので自分の好みの家を見つけるのも面白いですよ。
いずれにしても現地の人とつながりが持てるので地元ならではの情報を聞けたり交流ができてより素敵な旅になります。
ただ、知らない人と会うというのは時にはトラブルになることも。
女性1人で男性の家に行くのはやめましょう。
トラブルにならないように、今までの評価やプロフィールをちゃんと見て連絡を取ることが大切です。

 

日本の旅で節約する方法−食費

宿泊費を節約できたら次に節約すべきは食費です。
地域ごとに美味しい食べ物があって全部食べ尽くしたい!と思うのですが(私だけ?)結構な食費がかかってしまいます。
そこで、私が九州一周をしていた時は自炊をしていました。 自炊しながら旅ー!?と驚かれるかもしれませんが、ここ日本では結構できちゃうもんです。
だって安くて美味しい食材が盛り沢山なのですもの!
私は自炊をするのは朝と夜だけで、昼は地元のご飯屋さんでその地域特産の料理を食べていました。

九州の湧き水 自炊を朝と夜にだけしたのは、夜は食費が高くなってしまうから。
夜は自炊して、朝の分のお米も炊いて、朝に夜の残りのご飯を食べるというパターンでした。
自炊は油は使わず、野菜を水炊きしたりする超カンタンなもの。簡単だけど、新鮮な野菜を水炊きでいただくのはとても美味しく、とても満足でした。
食材は道の駅や近くのスーパーで調達。
飲み物もついついコンビニで買ってしまいそうですが、スーパの方が安いことが多いのでできるだけスーパーで買っていました。
食材を地元の八百屋さんやお肉屋さんで買うのもおすすめです。
日本では安く買える納豆や豆腐、もやしなどがあるので、食費を浮かそうを思えば浮かせられます。
ただ、道の駅によっては自炊を禁止しているところもありますし、最近マナーが悪い方が増加中だとか。
他の利用者や道の駅の方に迷惑にならないよう、マナーは守りましょう!

 

 

 


 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私は九州を2週間かけて車で周りましたが、東北(だけじゃないけど)との文化の違いにただただびっくりでした。
そして旅の途中で出会う人々、景色、食べ物に感動。
日本長期旅行 をしてみて、やっぱ旅っていいな、やっぱ日本っていいな、やっぱ言葉が通じるっていいなって感じました。
今までは色んな国に行って色んなものを見てやるー!って思って旅をしていましたが、こんな身近にもこんなに素敵な旅があったなんて、と思い知らされました。
皆さんも行きたくても、行けなくもない日本の旅に行っていないという人も多いはず。
自分が興味のあるところに思い切って足を運んでみれば、きっと素敵な旅が待ってるはずですよ。

ユースホステル:http://www.jyh.or.jp/

カウチサーフィン:https://www.couchsurfing.com/

エアーエーアンドビー:https://www.airbnb.jp/

 

 

スポンサーリンク

Please follow and like us:
Comments are closed.