メーターがないタクシーに乗るな!はウソ!?海外の移動手段はあなたの旅のスタイルで決まる。

メーターがないタクシーに乗るな!はウソ!?海外の移動手段はあなたの旅のスタイルで決まる。

posted in: CURIOUS, 旅情報 | 0

 

日本と交通事情やルールが違う海外。

色々な方法で旅をしてきた僕だから教えられる街から街へ、国から国へ移動する移動方法のメリット・デメリットを紹介していきます。
自分にあった方法を選ぶことで移動中も刺激いっぱいの旅の思い出になりますよ!

 

資金に余裕がある人!タクシーをチャーターしちゃう

tuktuk

行きたい場所へ直行できちゃう自分だけのタクシー!
タクシーといってもアジアではトゥクトゥクやリキシャーと呼ばれる三輪のバイクのタクシーもチャーターできてしまいます。

値段は国によっても違いますが、やはりタクシーが一番高いです。

トゥクトゥクはドライバーとの交渉次第!田舎町では一日貸し切ってびっくりするくらい安いことも!!

よくメーター付きのタクシーを選びましょうと言われますが、実はメーターがない方が交渉次第で安くいけることもあるんです!

前にインドを旅をしていて節約の為に歩いていたら

「国の情勢で今は全然観光客がいないからお願いだからこの値段で乗ってくれ」

とタクシーの人に言われびっくりするくらい低価格で乗れたことも。

ドライバーの家庭状況や国の情勢によって料金がだいぶ変動することがあるので一概に「メーターじゃないからこのタクシーはいけない」という考えは捨てましょう。

事前に相場を知り、時間があれば根気よくドライバーと交渉してみましょう。

交渉で必要なのは折れない心そして相手へのリスペクトです。

メリット

  • 迷子にならず目的地にいける。
  • その国の言葉やニュースでは流されない情報を教えてくれる
  • ドライバーとの絆を築ければオススメの観光客がいないローカルな場所に連れていってくれたり、家に呼んでくれてドライバーの家族とご飯食べたりすることも。

デメリット

  • 個人交渉に応じてくれるドライバーもいれば、先進国では規定の料金があることも。
  • どんなドライバーになるかによって旅が大きく左右されてしまうでしょう。
  • 寄りたくもないところ(おみやげ屋さんなど)に寄られてしまい時間がかかることがある

 

もちろん、先進国以外は日本のようにタクシーで居眠りなんてことはしない方がいいでしょう。

 

 

レンタカーやレンタルバイク!もしくはマイカーで移動しちゃう

maycar

これぞ自由!!
目的地までのルートを自分が運転するバイクや車で探し進んでいく方法。

途中、どこに寄り道しても、何日かかって目的地に行っても自由

時には誰もいない山の中や、海辺に出会い思いつきでテントを張ることも!

最近はレンタカーでも乗り捨てできるところもあるので便利です。

メリット

  • 好きな時に好きな場所へ
  • 自分の思い通りのプランを立てられる。
  • まさかの出会い(人やロケーション)がある。

デメリット

  • 事故や怪我の可能性。日本みたいに綺麗に整備されてない道を走るのは、ある程度運転に慣れていないと怖いかも。
  • ルールが違う。右側通行や、信号の代わりにラウンドと呼ばれる交差点の通行方法などルールが違うので慣れるまではドキドキ。
    反対車線からトラックやバスが猛スピードで突っ込んで来ることも。

ライセンスの問題

国際免許が使える国や、日本の免許があれば行った国の免許を発行してくれる国もあります。

逆に免許なんていらないよって国も。。。

子供がバイクを運転していたり、中には公共のバスの運転手が中学生の子だったり。

その国のルールを知り、自分の運転スキルに自信がある人向けですね。

 

いろんな人と出会える!ヒッチハイクやシェアカーに乗っちゃう!!

泊まったゲストハウスなどに掲示板があり、同乗者を募集している時があります。

時期や目的地が一緒なら、ガソリン代折半などの条件で乗り込めるシェアカー。

バックパックを背負い、車が来たら合図を送り(よく親指を立ててドライバーに合図してますが、国によっては無礼なジェスチャーの場合があるので今いる国のことを知りましょう

同乗させてもらうヒッチハイク。

どちらも一期一会の出会いがあります。

メリット

  • 出会いから絆を深め一生の友達になることがある。
  • 会話は基本現地の言葉なので、語学の勉強にはもってこい。
  • 遠足気分で移動できちゃいます。

デメリット

  • 人にも寄りますが同乗させてもらってるので会話に気を使う。(疲れてても寝てたら悪いなーとか)
  • 気が合わなければ移動が苦痛になる。
  • ヒッチハイクの場合は特に、知らない人なので変な場所に連れて行かれる場合も。特に女性は注意。

自分の危険察知能力が必要です。いざという時に対処できる人にはオススメです。

 

〓 バックパッカー の基本!長距離バスと電車で移動しちゃう!!

基本の移動手段はこの方法だと思います。

主要な都市間や観光地にはだいたいルートがあるのでバス会社や旅行会社を周って時間や値段を調べてみましょう。

メリット

  • よっぽどの田舎でない限りどこでもいける。
  • 旅行者がたくさん乗っているのでスタッフも慣れているし安心できる。
  • 気を使わず寝れる。

デメリット

  • 到着時間や出発時間が早朝や深夜の場合がある。
  • バス会社や旅行会社によって同じバスや電車を使うのに値段にばらつきがある。
  • スリにあったりロストバゲッジになることも。(実際深夜バスですられました)

日本みたいに時間にきっちりしているわけではないので余裕を持って移動しましょう。

 

究極の旅人!!自分の足で歩いていっちゃう!walk

日本にもお遍路さんや熊野古道があるように海外にも聖地巡礼があります。

その時の移動手段はもちろん徒歩。

自分の足で一歩一歩歩いていくことで、一日一日が今までとは違う日々を経験できるでしょう。

メリット

  • 自分と向き合える時間が増える。
  • 景色や時間など地球のことが1秒1秒感じられる。
  • 目的地に着いた時の達成感が半端ない。

デメリット

  • 体力が必要。
  • 山越えなどの時は、何日も誰にも会わないことも。

徒歩を選ぶ人ならデメリットなんてないかもしれないですね!

 

いかがでしかか?

旅をしていく上で膨大な時間がかかる移動!

自分にあった移動手段を選ぶことで移動中の出来事も思い出に残ることでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

Please follow and like us:
Comments are closed.