民泊とは? 民泊の「心のおもてなし」が続くような規制を

民泊とは? 民泊の「心のおもてなし」が続くような規制を

posted in: CURIOUS, STAY −泊まる− | 0

民泊とは旅行者が旅行先の民家に泊まることを意味し、アプリやインターネットサイトから自分が希望する宿泊代や場所、家など条件を入力して自分好みの民家を数多くの中から選べるようになっています。

そのサイトには今有名なAirbnb(エアビーアンドビー)を始め、他にも色々なサイトがあるようです。

今や一概に「民家」というわけではなく、不動産が家やマンションの一角を提供することも多くなっており新しいビジネスの形として注目されているようです。

民泊については民泊を提供する側のことをホストと呼び、民泊する側についてはゲストと呼ぶことが多いのでここでもそう呼ばせていただきます。

ホストは家の一角に部屋が空いていれば気軽に旅行者に貸すことができ、空き部屋を提供することで収入にもなり、色々な人との出会いがあるという魅力があります。

しかし昨年、民泊に対する法規制がなかったことから規制緩和の議論がされるという背景があり一時話題となりました。

民泊の規制緩和がされるにあたり、規制緩和と謳いながらもビジネスとしてはまったく考えていない人たちが「気軽に旅行者に貸せる」というメリットがなくなってくるのではないか、と思います。

民泊してもらうことによって地元の生活を知ってほしいという純粋な気持ちで考えているホストにとっては提供しづらくなるかもしれません。

民泊は個人の家で空き部屋を貸す場合と不動産業が所有している戸建てやマンションを貸す場合とで二極化されています。


 

欧米との民泊の解釈の違い

欧米諸国では1年の間に長く休暇が取れる国が多いため、バケーションの間短期で家やマンションの一角を借りられてきました。

そして近年インターネットが普及したことによって誰でも気軽に自分好みの家を探せるようになり、旅行に行った先で現地の人の家に宿泊さえできるようになったのです。

海外では自分の家の一室が空いていたら収入にもなり、色んな人と出会える楽しさから気軽に貸すという人が多いように思います。

実際に私も海外で家を借りたり、短期間ホストと同じ家で生活をすることもありました。

会ったこともない人に短期で家を貸す、一緒に住むということは海外では日本に比べたらごくごく普通のことですが、やはり色々な問題が起こっていることも事実です。

問題が起こらないように事前にパスポートをお互いに確認したり電話番号の確認などがありますが、いざ何か金銭的トラブルやらなんやらになった場合、警察がしっかりと取り合ってくれないこともあるため、欧米諸国でもルール作りが徐々にされてきています。

 

日本においての民泊の捉え方

日本人は欧米諸国に比べたらプライベートな時間を大切にしたり自分のスペースに他人に入られたくないという意識が強いため民泊は浸透するのかな?と疑問でしたが、じわりじわりと広がりを見せ、それとともに色々な問題も浮かび上がってきました。

日本においては外国人旅行者の増加によって受け入れる体制を整えていこうという動きと、ホテルや旅館の減少に伴って民泊が用いられているという背景があります。

単に民家に泊まるというわけではなく不動産業者もビジネスとして参入している中、自然がいっぱいの田舎で地元の人の家に泊まり”心のおもてなし”が受けられる本当の民泊がじわりじわりと注目されています。

ラグジュアリーな空間も日常生活を忘れさせてくれて魅力いっぱいですが、やはり人の想いが通じるおもてなしというのはインターネットがどんなに普及して人との関わりが面倒くさい世の中になっても心がホクホクする体験です。

こういう”心のおもてなし”を感じられる民泊はこれからも続いてほしいなと切に願います。

 

日本においての民泊トラブル

民泊が増加することに伴って色々な問題も出てきていますが、一概にホストとゲストだけのトラブルだけではありません。

民泊のトラブルにおいては近隣住民からの苦情も多く寄せられているようで、特に家を丸々、マンションの一室を丸々貸すことでホストの目が行き届かなくなり、深夜に騒いだりゴミの出し方が悪かったりなどという問題が起きているようです。

ホストとゲスト間の問題ならまだしも、近隣住民との問題になると事態はより複雑になります。

民泊は旅行者が多くただ単に日本で生活する上でのルールが分からないという人もいるためホストは事前にゲストに対してルールやマナーをしっかりと確認してもらうことが大切になりますし、近隣住民へのフォローが必要になります。

他に多いのは金銭的トラブル。

インターネットサイトを通すと手数料がかかるため連泊をするゲストはホストに対して直接交渉することがあるようです。

その場合、「後から払う」などと言われて先延ばしになったり払ってくれなかったりするというトラブルになりかねないのでどんなに信用できそうでも企業を通したり書類を作成したりして後々トラブルにならないようにすることが大切です。


 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

民泊ならではのメリットもあり、そしてやはりデメリットもあります。

日本では農家に宿泊できたり言葉は通じずとも”心のおもてなし”が感じられる民泊が多いと思います。

一般の人がそのような純粋な気持ちで旅行者に貸せて、”心のおもてなし”がトラブルを心配しないでできる環境ができるといいですね。


スポンサードリンク

Please follow and like us:
Comments are closed.