ウブドからぷらっとバイク旅! キンタマーニ までの長い道②

ウブドからぷらっとバイク旅! キンタマーニ までの長い道②

posted in: CURIOUS, 旅情報 | 0

バリ・ウブドから人があまりいない田舎に行きたい!という理由でぷらっとバイク旅をしようと決めた私はテガラランに行き、その後コーヒー屋さんで世界一高級といわれているジャコウネコのコーヒーを飲みました。

今回はそれに引き続き、第二回目です。

コーヒー屋さんで店員に「この先まっすぐ行ったらどこに着く?」と聞き、「 キンタマーニ だよ」と言われたので興味本位で行ってみることに。

 

キンタマーニ はこんなところだった!

キンタマーニ

 

キンタマーニに入るのには1人いくらか(何十円)払わなくてはならず、それを払ってから入れることになっています。

支払いが済むとその先に現れたのはまさに絶景の景色!

もう、本当に絶景でした。

キンタマーニに到着するとそこはもう標高1,500mなので絶景を見下ろせる様になっています。

少し肌寒いです。

おみやげ屋さんやレストランが周りにあります。

コーヒーを飲んだばかりだったのでどこかお店に入るのもなーと迷っているとバリ人が声かけてきました。

「キンタマーニ周辺を2人で500円で案内するけどどう?」

キンタマーニを目標に来て、景色に感動したのは良かったけど、その後の行き先に困っていた私たちは、とりあえずついて行ってみることに。

 

謎のバリ人のガイドに キンタマーニ を案内してもらう

猫の山

 

標高が高い所からどんどんバイクで降りて行き湖の方へ。

坂道は結構急でしたが車通りが少なかったので走りやすかったです。

道を降りて行くと、猫の耳が2つついたような猫山がありました。

この山はバトゥール山といい、火山岩で覆われた原っぱのようなところに連れて行ってくれました。

ゴツゴツした火山岩が多くあり、歩くのが大変!

これまで2回噴火をしている活火山で湖もクレーターによってできたそうです。

 

キンタマーニの温泉に行ってみる

キンタマーニ温泉

次に連れて行ってくれたのはキンタマーニの温泉でした。

温泉は景色を見渡せるとてもいいロケーションにあったのですが、残念ながら水着を持ってきていなかったので入れず。

値段も観光客向けの値段で少し高めでした。

入れる温泉は区切って何個かあって結構広かったです。

 

キンタマーニのローカルな村に行ってみる

ある程度観光が終わると、謎のガイドさんに「うちこの近くだから寄ってきなよ」

と言われました。

ローカルな場所に行ってお家を訪問できるなんてあまりない機会なので行ってみることに。

キンタマーニの道

 

ローカルな道に入ると、人々が珍しそうな感じで私たちを見てきました。

でもみんなフレンドリーな感じ。

それにしても、雲がもくもくしていてひとっぷり降りそうな天気。

到着したのはガイドさんの実家。

興味本位で来てしまったけど、人様の家にお邪魔するのが段々申し訳なくなってくる私。

しかし家族のみなさんは快く迎えてくれました。

キンタマーニの家族おもてなしハエよけの蓋

お父さんはお茶とお菓子、そしてバナナを出してくれてやたらと食べてと勧めてくる。

何だか田舎のおばあちゃんを思い出す。

お茶には蓋がされていて、今まで見たことがなかったので聞いてみるとハエよけの蓋だそう。

確かに、ハエがちょっと飛んでいた気がする。

壁には大きいゾウの神様「ガネーシャ」の絵が飾られていました。

ガネーシャはヒンドゥー教の神様で、体は人間らしいのですが、ゾウの顔をして4本の腕を持っています。

障害を取り除いて財産をもたらすとされています。

日本では神使として動物がみられますが、実際に動物が神様なのってガネーシャ意外に見たことないかも。

 

ガイドさんの住む家へ向かう

おもてなしを受けいい時間を過ごさせてもらった後、今度はガイドさんの住む家へ。

ガイドさんの住む家に着いた時から、大雨が降ってきたので雨宿りをすることに。

雨宿りの間、ガムランというインドネシアの民族音楽に使われる楽器(ガンサ)を見せてくれた。

何やら小さな木琴の様な感じ。

鉄や青銅でできていることが多いようですが、バリでは竹でできた鍵盤があることも多いようです。

ガイドさんのも竹でできていました。

鍵盤の並びはピアノとは違い、民族音楽らしい音階でとっても癒される音でした。

バリを出る時にはCDまで買ってしまうくらい。

そんなこんなしている間に雨はすっかりあがったのでキンタマーニの上の方へまた登って行くことに。

 

キンタマーニを一望できる展望台へ

キンタマーニ展望台

 

バイクで登って行くとキンタマーニが一望できる展望台へ連れて行ってくれました。

展望台の料金は特にないので行く価値はありますが、わざわざ展望台に行かなくてもどこでも一望できます。

お土産屋さんもあるので面白いかも。(観光客価格)

物より食!ということで私は近くにあったとうもろこし屋さんでとうもろこしをいただきました。

展望台を後にして、ガイドさんとお別れ。

何だかよく分からないでついて行ったけど、色々なところに連れて行ってくれてとても楽しい1日になりました。

普段はキンタマーニのガイドだけではなくトレッキングツアーもやっているガイドさんらしい。

とってもいい人でした。

 

おわりに

ウブドからぷらっとバイクでキンタマーニまでプチ旅行。

最初は行き先を決めていませんでしたが、とても楽しいバイク旅になりました。

人がたくさんいるからってウブドを離れたけど、結局人との交流を楽しんだ私。

やっぱり人は人と関わることで色々経験して感じて生きていくんだな〜と思った日でした。

それにしても、ガムラン最高。


スポンサーリンク


 

 

Please follow and like us:
Comments are closed.